ブログ運営

【初心者でも簡単】BackWPupプラグインでWordPressのバックアップをとる方法

Wordpressバックアップ

こんにちは、ねこまんま(@nekomanma_free)です。

私はWordpressテーマ「JIN」を使用しているので、先日、アップデートをしようと手順を見ていたところ「念のためにバックアップを取っておこう」の文字が…..

そういえば、ブログを立ち上げてから一回もバックアップを取っていませんでした。

何か簡単なバックアップ方法がないかとググってみると、BackWpupというプラグインを発見!とても簡単にバックアップを取ることができました。

なので、今回は誰でも簡単にできるBackWpupプラグインを使用したWordpressバックアップ方法を解説していきます。

BackWpupって何?

BackWpupとはWordPress用のプラグインで、ブログで使用しているサーバー上のデータを一括でバックアップすることができます。

一度設定してしまえば定期的にバックアップを作成してくれるので、ブログのデータに万が一のことがあっても、すぐに復旧することができます。

BackWpupの簡単設定方法

1.BackWpupのインストール

まずは、プラグイン>新規追加を選択し、キーワード欄へ「BackWpup」と入力します。

すると、BackWpupプラグインが表示されるので、今すぐインストールを選択し、インストールを開始します。

インストールが完了したらBackWpupを有効にしておきましょう。

 

インストールが完了するとBackWpupの項目が表示されます。

 

2.新規ジョブを作成

BackWpup>新規ジョブを追加を選択すると設定画面が表示されます。

まずは、一般タブから設定していきます。

ジョブ名ではバックアップ名を入力します。私は仮でbackupという名前を入力していますが、ここはお好きな名前を決めて入力してください。

ジョブタスクはバックアップを行う対象になります。デフォルトのままでOKです。

バックアップファイルの作成もデフォルトでOKです。

アーカイブ形式はファイルの圧縮方式になるのでデフォルトのZipでOKです。

ジョブの宛先については、フォルダーへバックアップにチェックを入れましょう。

すべて設定できましたら、変更を保存ボタンを押し保存します。

 

次にスケジュールのタブを開きましょう。

ここでは、バックアップの保存方法や、実行スケジュールの設定を行うことができます。

ジョブの保存方法については、WordPressのcornを選択しましょう。手動だけでよいという方は手動へチェックします。

スケジューラーではどのタイミングで自動バックアップを作成するか設定します。私の場合は週に1回バックアップを作成したいので、毎週日曜日の3時に設定しています。

その他のタブがありますが、今回は特に変更せずデフォルトでOKです。

 

3.手動バックアップ方法とダウンロード

ここまで設定できたら、BackWpup>ジョブで先ほど作成したジョブがあることを確認できます。

ここで手動バックアップを行う場合は、今すぐ実行をクリックすると即時バックアップを作成することができます。

BackWpup>バックアップで、保存したバックアップデータを確認できます。

ダウンロードボタンを押すと、ローカルフォルダへ保存することが可能です。

自動バックアップを作成した場合、サーバーへ保存されています。確認はFTPクライアントソフト等で行ってください。

まとめ

BackWpupは一度設定しておけば、定期的に自動でバックアップを作成してくれるので、安心です。

大事なデータが吹き飛んでからでは遅いので、是非!WordPressのバックアップを行ってみてはいかがでしょうか?