家事

【節約レシピ】とっても簡単!ヨーグルトメーカーで鶏ハムを作る方法

毎朝食べている自家製ヨーグルト。
ヨーグルトメーカーで毎週かかさず作っていて、もうかれこれ2年ぐらいは作り続けていると思います。

このヨーグルトメーカーを買ったときに付属のレシピ本を読みながら「ヨーグルト以外にもこんなものも作れるのか~、慣れたらヨーグルト以外のものも作ってみよう!」と意気込んでいたものの、2年以上ヨーグルト以外のものを作っていませんでした。

ある日、家族でスーパーに出かけているときに、半額シールが貼られたサラダチキンに目がとまり、試しに買ってみました。
このサラダチキンを翌日、パンにはさんでサンドイッチにしてみたところとっても美味しかったんですよね。

このサラダチキンって自分で作れないかな~と調べていると、なんとヨーグルトメーカーで作れる情報を発見。さっそく作ってみたところ、スーパーで買ったサラダチキンとは比べ物にならない美味しいチキンができあがりました。

さっそく妻と子供にも味見をしてもらうと、美味しかったらしく一瞬で無くなっちゃいました。

そんな、我が家の人気メニューになった鶏ハムの作り方をこれから紹介していきます。

 

鶏ハムを作るのに必要なもの

①ヨーグルトメーカー

鶏ハムを作るには温度を60℃以上に設定できるヨーグルトメーカーが必要です。
お肉がしっとりやわらかになる低温調理方法では60℃~65℃の間でじっくり加熱する必要があり、その温度以下だと細菌が発生する恐れがあるからです。

私の使っているアイリスオーヤマのヨーグルトメーカー65℃まで設定でき、低温調理用の容器も付属していのでおすすめですね。

 

今は私が使っているヨーグルトメーカーより新しい機種があるみたいです。こちらの機種では飲むヨーグルトも作れるので、新しく買うかたはこちらもおすすめです。

 

②鶏むね肉

鶏むね肉がおおよそ300~400グラムであれば付属の容器に入ると思います。

私は今回約350グラムの鶏むね肉を使用しましたが、171円と激安だったのでコスパは相当いいですね。

調味料については、塩と胡椒以外はお好みでいいと思います。
私は今回、塩麹、コショウ、ローレルのレシピで作成していきました。

それでは鶏ハムの作成手順を紹介していきます。

鶏ハムの作り方

①鶏むね肉にフォークで穴をあける

まず、鶏肉に数カ所フォークで穴をあけておきます。こうすることで肉が柔らかくなるのと、下味が入りやすくなります。
両面にまんべんなく穴をあけておきましょう。

 

②塩麹を塗る

塩麹を両面まんべんなく塗っていきます。鶏の皮がある場合は、皮の中のほうにもしっかり塗っておきましょう。

 

③コショウを振る

先ほど塗った塩麹の上から、胡椒を多めに振りかけていきます。

 

④ハーブと一緒にジップロックに入れる

鶏肉が入りそうなサイズ(できれば容器に入りそうなサイズ)のジップロックを用意し、ローレルと一緒に入れていきます。

ハーブを入れることで出来上がったときの香りもぜんぜん違うので、何か1種類でも入れたほうがいいと思います。バジルやローズマリーなどでもいいかと思います。

 

⑤ジップロックを真空にする

先ほどの調味料を鶏肉によく染み込ませるために、ジップロックを真空にしていきます。

やり方はとっても簡単。

ジップロックの口をすこし開けた状態で、水を張ったボールにゆっくり沈めていきます。
そうすると水圧でジップロック内の空気が抜けていくので、ほとんど空気が抜けたかなというタイミングでジップロックの口を閉じてください。

 

こんな感じで真空状態になります。

 

⑥容器にお湯を入れる

付属の容器にお湯を注いでいきます。後で鶏肉を入れるので半分ぐらいお湯をいれておきます。
だいたいお湯の温度が65℃前後になるように、水など足しながら調整してみてください。

ちなみに私が使っている温度計はお湯につけてから5秒以内に測定でき、測定できる範囲も-50℃~300℃まで測れる優れものです。
ステンレス製で錆にも強く、温度計を保護するカバーもついてます。価格も安いのでおすすめです。

クッキング温度計 Habor 食品温度計 料理用 デジタル 5秒速読 スーパーインスタント読取 スティック温度計 サーモメーター 油/ミルク/揚げ物/お茶/お肉/ハンバーグ/コーヒードリップ/お風呂などの温度管理
Habor

 

⑦ヨーグルトメーカーで調理開始

付属の容器にジップロックに入った鶏肉を入れていきましょう。均等に熱をとおすために、お湯に鶏肉が全部つかるようにしておきます。

 

ヨーグルトメーカーの設定温度はMAXの65℃で設定しておきましょう。

 

時間については4時間でセットしておきます。

 

⑧鶏ハムの完成!

4時間後、鶏肉が入った容器を取り出してみました。

 

いい感じに鶏ハムになってる気がします。

 

取り出して、鶏肉のなかの温度がどのくらいか測ってみると62℃ありました。

鶏ハムなどの低温調理では一定上の温度と時間をかけて加熱しないと食中毒の恐れがあります。十分注意しましょう。

製品は、その中心部の温度を 63°で 30 分間加熱する方法又はこれと同等以上の
効力を有する方法(魚肉を含む製品であって気密性のある容器包装に充てんした
後殺菌するものにあっては、その中心部の温度を 80°で 20 分間加熱する方法又は
これと同等以上の効力を有する方法)により殺菌しなければならない。

「厚生労働省 食品別の規格基準について 食肉製品」より引用

 

できあがった鶏ハムを取り出し、食べやすいサイズにスライスして完成です。

食べてみると、味付けは塩麹と胡椒だけなのに、ほんのり香るハーブと鶏肉の旨味が口のなかに広がりとっても美味しいです。
それと塩麹を使ったおかげか、鶏肉がしっとりしてとても柔らかいんですよね。

まとめ

今回はアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを使った節約レシピ「とっても簡単!ヨーグルトメーカーで鶏ハムを作る方法」を紹介していきました。

このレシピは鶏むね肉を使った料理なので、コスト的にも安く約200円ほどでできる超節約レシピかと思います。

そのままおかずとして食べてもよし、弁当にいれてもよし、サラダに入れたりサンドイッチに挟んでも十分美味しいので、いろんなシーンで活躍できますね。

まだヨーグルトメーカーを持ってない方、ヨーグルトメーカーを持っているけど鶏ハムを作ったことがない方は、このレシピを参考にして鶏ハムをお家の新しいレシピに加えてみてはいかかでしょうか。