ブログ運営

12記事で合格!ブログ初心者がgoogleアドセンス審査合格までにやったこと

こんにちは、ねこまんま(@nekomanma_free)です。

ブログで収益化を図る手段としてはいろいろとありますが、まず初心者ブロガーが最初に合格を目指すのがgoogleアドセンスかと思います。

ちまたでは「30記事以上ないと合格しない」「文字数が3000文字以上ないといけない」なんて言われてますが、今回私は12記事で合格することができました。

一度、7記事投稿の時点でgoogleアドセンスの審査を受けましたが、もののみごとに落ちてしまいましたね・・・。

なので、そこから行った対策や、なぜ初心者でも合格できたのかも踏まえて解説していこうと思います。

申請してから合否までの審査期間はどれくらい

2018年11月に不合格となった時と、今回2019年4月に合格した時も審査期間は1日でした。夜に申請して早いときは次の日の昼頃には結果がでてましたね。

不合格の時には、「あなたのサイトを承認することができませんでした」というメールが届き、詳細を確認すると、「コンテンツ不足なので改善して下さい」等のことが書かれていました。

「じゃあ、具体的にどこが悪いの?」ってところは書いてないので、自分のサイトを分析しながら改善していくしかありませんでしたね。

30記事以上、3000文字以上は必要?

申請時の記事数は12記事なので、合格するために30記事は必要ないかと思います。

文字数については少ない記事で900文字、多い記事で3500文字程度です。平均すると2000文字以上なので、これぐらいのボリュームで記事を書いていれば問題ないですね。

ブログの更新頻度はやPVはどれくらい?

ブログ更新頻度

ブログを開設したのが2018年の7月。そこから月に1度更新するぐらいの超スローペースでした。

ただ、googleアドセンスの審査を申請した2019年4月は更新頻度を3日に1度に増やしていたので、これが審査で評価されたのかもしれません。

PV

PVについては1日に0~10PVぐらいをウロウロしていました。なので合格するためにPVはそれほど関係ないように思います。

アフィリエイト広告は貼っていても大丈夫?

googleアドセンスに合格する前に、Amazonアソシエイトには登録できていたので、アフィリエイトリンクはそこそこ貼っていました。

また、商品リンク管理プラグインの「Rinker」を導入していたので、Amazon以外にもyahooや楽天市場へのアフィリエイトリンクも貼っていましたね。

この状態でも何の問題もなく合格できたので、アフィリエイトリンクを貼っていた状態でもgoogleアドセンスの審査にはそこまで影響がないと思います。(貼りすぎはだめかもしれませんが……)

googleアドセンスに審査合格するポイント

記事の更新頻度はスローペースでしたが、その間に合格する為のサイト作りを行っていました。ここからは私が思うgoogleアドセンスの審査合格のポイントを解説していきます。

①独自ドメインの取得

間違いなく独自ドメインは必須かと思います。わたしは「さくらのレンタルサーバー」を使用しており、こちらで同時に独自ドメインの取得も行いました。

 

②WordPressテーマ「JIN」を導入

まずwordpressでブログサイトを作成するのは必須条件です。さらに有料テーマを導入することで合格する確率は高まると思います。

当時、有料テーマといえば「STORK」「SANGO」などが有名でしたが、私は新しくリリースされた「JIN」のデザインや機能に惹かれ購入しました。

価格は14800円と決して安くはありませんが、導入することでブログのデザインの向上、SEO対策、記事執筆に役立つエディタ、収益化に役立つ機能などがこのテーマひとつで行えるので、本当に購入して良かったと思います。

また、「JIN」は定期的にアップデートもされており、機能の追加や修正なども行われているので、安心して使用することができますね。

おすすめWordPressテーマ「JIN」のサイトはこちら

 

③禁止コンテンツがないこと

私のブログサイトは一言でいえば「雑記ブログ」です。なのである程度カテゴリーを決めつつ、とりあえず思いついた事をいろいろ書いていました。

googleアドセンスには禁止コンテンツがあるので、いろいろ書いた記事の中でこれらに該当していないかチェックしてから申請しましたね。

 

④プロフィールの作成

プロフィールについては「JIN」でプロフィールのフォームが用意されているので簡単に作ることができました。

プロフィールではアイコン、自分のブログ上の名前、肩書き、簡単な自己紹介などをしっかり書いておきましょう。
ちなみに私のアイコンはココナラで作成してもらいました。

 

⑤お問い合わせフォームの作成

お問い合わせフォームは「Contact Form 7」というプラグインを入れることで簡単に作成できます。

「JIN」だと「Contact Form 7」に最適化されたデザインが入っているので、プラグインを入れただけで、きれいなお問い合わせフォームが完成します。

「JIN」のマニュアルの中にも「お問い合わせフォームの作り方」が丁寧に記載してあったので戸惑うこともなく簡単につくることができました。

 

⑥プライバシーポリシーの作成

こちらも「JIN」で最初から固定ページにプライバシーポリシーのひな型が用意されています。

プライバシーポリシーはネットで探せばいくつかのひな型が出てくるので、「JIN」のひな型とネットで検索したひな型の両方を参考にしながら作成していきました。

 

⑦サイトマップの作成

サイトマップは「PS Auto Sitemap」というプラグインで簡単に作成することができます。

サイトマップ作成にあたり、私はこちらのサイトを参考に作成させていただきました。

あまりサイトマップを見ることはないですが、googleアドセンスを合格した方のブログで「サイトマップを追加しておきましょう」と記載されていたので、念の為追加しておきました。

 

⑧googleアナリティクスへの登録

googleアナリティクスは、googleが提供するアクセス解析をするためのツールです。
基本無料で使え、サイトの訪問者数、PV、サイトの訪問者はどこからきたのか、PCとモバイルどちらのアクセス比率が高いなどが分かります。

登録したては見ても1日のPVが1とかだったりするので悲しくなりましたが、今後このデータをもとに自分のブログの改善策が見つかるので導入しておいて損はないですね。

 

⑨googleサーチコンソールへの登録

googleサーチコンソールは、googleが提供するサイトの順位の監視や管理、改善するのに役立つツールです。
こちらも無料で使え、サイト内の記事のクリック数、順位や検索クエリなどを確認することができます。

 

googleアドセンス審査合格のポイントおさらい

①独自ドメインの取得
②WordPressテーマ「JIN」を導入
③禁止コンテンツがないこと
④プロフィールの作成
⑤お問い合わせフォームの作成
⑥プライバシーポリシーの作成
⑦サイトマップの作成
⑧googleアナリティクスへの登録
⑨googleサーチコンソールへの登録

 

まとめ

今回の記事ではgoogleアドセンス審査合格のポイントを中心に書いていきました。

今まで書いてきた記事の内容については、「まだまだだな」と自分でも感じていますが、それでもできるだけオリジナルの写真を採用したり、実体験にもとづいた内容にしていたことが審査合格へつながったのかもしれません。

一時は更新頻度が落ち、ブログを辞めようかというときもありましたが、今回合格したことにより、もっとブログを頑張ろうというモチベーションが沸いてきました。

なので、今現在なかなかgoogleアドセンスに合格できない方が、本記事を読むことで少しでも合格に近づいていただけたらと思います。